インド人技術者と関わる効果

インド人技術者と協調し仕事ができる日本人とは

これからの日本のIT分野では、インド人エンジニアと職場で協力しながら仕事をする機会も増えるでしょう。そこでインド出身の技術者とも、日本人と同じくうまく協力できるかどうか心配な技術者も少なくないと思います。

インドから来日した技術者と仕事を共にするなら、ある程度の英語能力があった方が仕事での意思疎通がスムーズです。日本語では伝わりにくい内容も、英語であると相手に対して直接的に意図が伝わる可能性があります。
たとえインド出身の技術者と仕事をする機会がなくとも、これからの日本のIT業界の国際化の傾向を考えると英語はある程度理解できたほうが有利です。
また、日本流のビジネススタイルにあまり強いこだわりがない日本人エンジニアは、インド出身の技術者と協力してうまく仕事がこなせる適性を持ちます。日本でおなじみの職場のルールは、海外からやってきたばかりの技術者が受け入れられるとは限りません。そのため相手に日本流のルールを押し付けると、職場での人間関係に問題が生じるリスクがあります。
日本人にはなじみ深い職場でのルールも、外国人には理解できない内容のものが多く存在します。その中で日本人でも職場のルールにはあまりこだわらず自由に働いている技術者がいるため、そのような人物は海外出身の技術者ともすぐに打ち解ける素質を持っていると言えるでしょう。
日本での仕事に馴染めない技術者が、実はインド人エンジニアとは協調してうまく協力できる可能性も考えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です